謝ったら負け?

謝ることが苦手な人もいる。

絶対自分からは謝らないと決めてる人もいる。

 

それは、負けた気がするから。
自分に非はないから。
謝る必要がないと思うから。

いろんな意見があると思うけれど、私の個人的な意見としては、謝ることは正義。

たとえ自分は意図していなかったとしても、相手に不快な思いをさせてしまった。

そんなつもりはなかったんだけど
結果的に、よくない形になってしまった。

心から思ってるわけじゃないのに
つい、喧嘩になって相手を貶すようなことを言ってしまった。

そんな時は、是非率先して「ごめんね」を言って欲しい。

何故なら、「ごめんね」は自分の主観ではなくて、相手がどう思ったか、で発してほしいから。

 

そんなつもりはなかったんだけど、、、
結果的に嫌な思いをさせてしまったことにはごめん。

一生懸命努力はしてみたんだけど、、、
結果的にいいものにできあがらなくてごめん(私も悲しい)。

喧嘩して思ってもないことを口走ってしまって、、、
傷つけてしまってたらごめん。

こんな風に言われたら、あなただったらどう思いますか?

それでも相手を責めますか?
それでも結果について文句をいいますか??
まだ喧嘩を続けますか???

 

アメリカ的な「先に謝った方が負け」という考えも、時と場合にはあるでしょう。

けれど、人間関係においては、
「ごめんね」は、客観的に相手がどう思ったかを軸にして出し惜しみしない。
「ありがとう」は、自分の主観で自分が嬉しかった時に出し惜しみしない。

そうすることで、もっともっと、Happyな関係が広がっていくと信じています。

心のパワースポットは「自分が心地よく」いること。そして「周りの人も心地よく」いられること。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

           
2019年2月27日     
日常生活, 恋愛, 仕事, 子育て, 夫婦問題